cssでclass属性を使用する

スタイルシートにより見出しタグには色を付けたりなどデザインできますが、「内容上一部分だけ太字にしたい」「色を変えたい」などの時もスタイルシートを使用します。

理由は今まで通り、変更があった際に一気に変更できる為です。

クラスルールを作成する

→ 新規cssルール → セレクタタイプ → クラスを選択→ 任意の名前を付けok(ここでは.redとします)
→ 試しに文字色を赤にしてok
→ 文字の色を赤色にしたいタグ、もしくは部分を選ぶ → プロパティパネル → スタイル → redを選択
→ 変更されました
→ 何か所かredを適応させ、cssルールを変更
→ すべて変更されました

HTMLの属性

class属性のようなものをまとめてhtml属性と呼びます。
HTMLタグに属性を記入することにより、いろいろな事が出来るようになります。
コードビューで効果を出したい文章もしくは画像のタグの後ろに半角スペースを入れることにより色々なhtmlの属性が出てきます。

ここではもう一つ、title属性を学びます

title属性 title属性とはマウスポインタが重なったときにでる補足説明のことです。
画像にも文章にもつけることができます

→ 属性をつけたいタグの>の前で半角スペースを入れる
→ 使用できるタグがたくさん出てきます。titleを選択しEnter
→ 文字を入力(どんな言語もok title=”○○○○○○”となります)
→ ブラウザで確認します

見ていただいてありがとうございます。↓ポチしてくださいませ。
  • 見た (0)
  • もう少し詳しく書いて! (0)
  • 見たけど役立たず (0)